リバウンドを防止する技術

シェイプアップの後にリバウンドをするのを防止するためには、タスクの段階でリバウンド予防を視野にいれておくことです。シェイプアップは、意識ウェイトにまで減量すれば取り止めるというものではありません。基本的にリバウンド予防のために所要ことは、少なくしたウェイトを持ち積み重ねることです。シェイプアップを目標に到達した時点で終了してしまってはムダになる。大事なことは、意識ウェイトをキープできるようなシェイプアップをすることです。アクションや食事制限を通じてシェイプアップを始めるのであれば、はじめに散々積み重ねることのできるランチタイム制約やアクションを決めるのがおすすめです。準備から運動量を手広くしたり、その準備よりもランチタイムの高燃やすことが、はじめにウェイトを減少させるためには必要です。初めて意識ウェイトに達したら、ウェイトを維持するためのランチタイム高、運動量をさらに続けなければなりません。それが継続できなければリバウンドし、以前のウェイトに戻ってしまうといえます。リバウンドの反作用が大きくて、シェイプアップ前より体重が増えて仕舞うやつも中にはいるようです。一からリバウンドをしないシェイプアップの計画を立てることによって、リバウンド予防をすることが可能です。いくら体重減少がうまくいっても、生活しきたりで意識ウェイトを保持できなければ、リバウンド予防をするのは難しいでしょう。